TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

実施図面

6/1に実施図面を一式かき上げました。

図面枚数で200枚程度です。
その中で建築意匠は70枚程度で約50日程度の作業日数です。
基本設計を含むと90日はありました。
その日の内に、見積をゼネコンに依頼しています。

今回の図面作成で感じたことは、40歳を越えると、
なかなか図面を一式仕上げることは大変だと感じました。

30代の時は、徹夜しても何ともなかったカラダが、
今はカラダ中がきしんでいます。恥ずかしい・・・。

知識と経験値は上がったのですが、実務の作業効率が
悪くなったので、集中力がとぎれます。

やりたいデザインは日に日に多くなっていきますが・・・。

ついつい担当物件を違う人間に図面作業させることに抵抗があります。

それが問題なのですが・・。

諸先輩の方々はどのようにしてこの問題をクリヤ−したのでしょうか?

日々悩みは深まります。


2011.06.03
posted by inoue-ao at 08:17 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

4月21日

3月のコラムを忘れてしまいました。
今年の目標の1つが守れなかったことにとても反省しています。
全く気づきもしませんでした。
申し訳ございませんでした。


4月20日に新しい旅館が開業しました。
潮騒の宿 晴海です。

今日だから話せますが、
本当に開業が出来ないかと真剣に心配しました。
かなり工事か遅れ、試泊前日まで工事が終わりませんでした。
手直し工事は未だ残工事として、残っています。

私も4月から開業日まで、ホテルに泊まりながら、業務をこなしました。

しかしながら、
このような状況でもこの旅館の従業員の方々は、
お得意さま試泊でもシュミレ−ションは前日の1回だけで、
客室案内も食事処のサ−ビスも大きな問題もなく
試泊の3日間を乗り切りました。

従業員同士の連携、問題点の共有、改善能力の高さは、すばらしいです。

誇り高きホテルマン達です。

日々成長をする旅館になるでしょう。

大分に取って無くてはならない旅館になって欲しいし、
この旅館はきっとなってくれます。

私はこのような旅館の設計に携えた事に感謝しています。

今後ともこの旅館を宜しくお願いします。

2011.04.21
posted by inoue-ao at 15:00 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

旅館の開業

4月に新築旅館が開業します。

既存旅館の新館になるわけですが、
新館の方が既存の2倍近い床面積になるので
新しい旅館の誕生と同じです。

今までホテル・旅館の新築開業は設計という業務上、
何度も経験していますが、
毎回、胃が締めつけられる思いがします。

開業までの期間が2ヶ月を切り始めると、毎日が緊張の連続です。
(設計士がこのような気持ちですので、施主はもっと大変だと思いますが・・)

今回は特に別府では有名な旅館で周りの方々も関心を持って
様子をうかがってますので、なおさらです。

このような経験を何度もする事が出来る
仕事はなかなか少ないですが、
これが癖になると他の設計では物足りなくなるから不思議です。

自分の泊まりたい旅館をイメ−ジして設計を進め、
開業後は、自分の別荘の様に
利用出来る旅館(当然、宿泊代は払いますが)は
仕事冥利につきると思います。

4月に開業する旅館のHPです。
http://info.inoue-ao.com/article/39608908.html

今後ともこの旅館を宜しくお願いします。

2011.02.24



posted by inoue-ao at 09:01 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

2011年1月

2011年も一ヶ月が過ぎようとしています。

年々一ヶ月の時間の単位が早くなってきているのが
実感します。

今年の冬の寒さは九州でも厳しいです。夏が猛暑で冬が極寒に
なると、そのリズムになれるのが大変です。

九州はこのまま温暖化が進むと熱帯地方と同じ気候になるらしい。
スコ−ルに近い雨がふるのはそのためとニュ−スが伝えていました。
海ではすでに珊瑚礁が九州近海でも多く見られ、
海水の温度上昇の影響とのこと。

出来るだけ地球に優しい生活をしたいものです。
建築も人工的な環境ではなく春夏秋冬を感じられるような
建物を設計できればと考えています。

今年の目標
1.コラムも一ヶ月に一回は更新できるようにがんばります。
2.仕事は新しい設計に挑戦していこうと思います。
3.スキュ−バ−のライセンスを今年は必ず取る予定です。

今年も宜しくお願いします。


2011.1.24
posted by inoue-ao at 08:59 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

2010年年末

2010年もあと一週間で終わりです。
どうにかこのコラムも1ヶ月に1度のペ−スで更新が出来ています。

今年8月にHPを新しくして半年が過ぎ、1ヶ月単位で2000人近くの方が
このHPを見られている事が判り、多いのか少ないのかは判りませんが、
うれしい限りです。
Twitterも始めましたのでその効果もあるのでしょう。

今年は初めてお会いする方が例年になく多く、これから10年先までの
分岐点になった年かもしれません。
今まで経験が無いジャンルの建築設計を2件進行中であり、来年、着工です。
このような機会をいただいた施主には、感謝のしようがありません。

来年はさらに建築業界は厳しくなると言われていますが、

一期一会の気持ちで
どんな問題があっても逃げない
嘘をつかない
誠意を持って対応する

このような事を考えた1年でした。

2010.12.26

posted by inoue-ao at 09:53 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

設計と言う仕事


設計事務所として独立して11年が経ちました。早いものです。
勢いと夢だけで独立して、良く持った方だと思います。

ただ近頃設計と言う業務、または仕事の仕方が大きく変わった気がします。
それも悪い方向です。
あの構造偽造問題依頼、設計に求めるニ−ズが非常に細かくなっているように
感じます。

設計は規格品を作り出す図面ではないので、設計監理はポイントを押さえながら、
施工上問題が発生しないように、施工者と打合せを重ねます。
しかし、毎日常駐して現場を監視しているわけではないので、
精度が悪くなることもあります。

それを全て設計事務所のせいにする施主がいるのでたまりません。

施主と設計者と施工者の信頼関係が崩壊する可能性があります。
また施主の方は、全てにおいて疑うことから始める方もおられます。

確かにとんでもない設計事務所があるのも事実ですが、
設計業務は半年も打合せをすれば、お互いの考え方が判るようになります。

お互いに不幸にならないように、設計料を一部もらわなくても
仕事を断る勇気が必要です。

そのような時代になったと思います。


2010.11.15

posted by inoue-ao at 11:21 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

Twitter

1ヶ月程度前から始めたが、なかなかおもしろいと思う。

以前からHPで自分の思っている事などをだらだらと書いていたが
twitterの方が長く続きそうです。私の子供が夏休みの宿題で一言日記があったがそれと同じ。気軽さが長く続けるコツだと思う。

いまですでに1500程度のフォロ−・フォロア−があるが、これぐらいが限界のような気がする。これ以上増やすと見ることが出来なくなる。

またtwitterで儲けようとされる方がいますが、たぶん難しいのではないかと思いますがいかがでしょうか・・?
「つぶやき=一人ごと」ですのであまりあくせくしない方が良いと
思います。

だた感心しているのは、知らないホテル・旅館のオ−ナ−や女将さんの生の声が聞けるのが楽しいし、知らない方との気軽な会話も心地よいです。

2010.10.19
posted by inoue-ao at 12:45 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

この夏の猛暑

今年の夏の暑さは異常です。
お盆明けでも全く涼しくならない。
別府の潮騒の宿 晴海 の現場は大変である。
現場で働く職人さんには頭が下がります。
熱中症には気をつけて作業を進めてください。
それにしても 晴海参乃棟は相変わらずの人気のようで
この夏もお客さんでいっぱいのようで嬉しい限りです。
このお客さんの期待に答えることができるような新館が
来年4月にオープン出来るように頑張っています。

2010.8.27
posted by inoue-ao at 14:49 | コラム

TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

File - 013「アスベスト」

5ヶ月間、何も書かず、ほったらかしにしていたら、事務所がつぶれたのかと言われ再開しました。

書かなかった訳ではなく、書く時間と、PCの調子が悪く、ほったらかしにしていたというのが正直なとこです。今の仕事は、10階建てのマンション新築工事と旅館の改修工事、それともろもろをこなしています。マンションは明日から足場解体工事で結構ドキドキしています。いつもながらこの時が一番緊張します。不安と楽しみが交差しているような感じで、初めて自分の子供と対面するような気持ちです。

旅館の改修工事は始まったばかりで、1フロアー改修の100坪程度で工期は10週間の突貫工事です。
問題はS造で築30年の建物なので、やはりあったんです。

−アスベスト−
静かな時限爆弾−・・出るだろうなと予感はしていましたが、あまりにもタイムリーすぎて困ってしまいます。工期は1ヶ月以上延びるし、工事費の追加は避けられないでしょう。しかし、世の中では、今頃大騒ぎしていますが、これはおかしいと思う。

1975年に使用禁止にしたのであれば、それまでのアスベストは、政府が許可していたのだから、そのときに政府の負担で官民の建物全てを除去すべきだ。ほとんど公害として対応すべきである。どうして施主負担で撤去しないといけないのか?わからない。助成金ぐらい速やかに出すべきである。除去作業が1u当たり2万円以上かかるのはあんまりである。困りました。現場監理には防塵マスクと宇宙服が必要です。この件はまた追って連絡します。

2005-07-31
敬具
posted by inoue-ao at 00:00 | コラム
福岡県福岡市中央区の建築事務所。
建築、インテリアに関する企画・設計・監理。特にホテル・旅館等の宿泊施設、老人福祉施設の
企画から運営指導・開業までサポートできる一貫した体制があります。
また旅館改修工事、増築工事には多くの実績があり、きめ細かく対応していきます。