TERUMI INOUE ARCHITECT & ASSOSIATES CO., LTD.

File - 013「アスベスト」

5ヶ月間、何も書かず、ほったらかしにしていたら、事務所がつぶれたのかと言われ再開しました。

書かなかった訳ではなく、書く時間と、PCの調子が悪く、ほったらかしにしていたというのが正直なとこです。今の仕事は、10階建てのマンション新築工事と旅館の改修工事、それともろもろをこなしています。マンションは明日から足場解体工事で結構ドキドキしています。いつもながらこの時が一番緊張します。不安と楽しみが交差しているような感じで、初めて自分の子供と対面するような気持ちです。

旅館の改修工事は始まったばかりで、1フロアー改修の100坪程度で工期は10週間の突貫工事です。
問題はS造で築30年の建物なので、やはりあったんです。

−アスベスト−
静かな時限爆弾−・・出るだろうなと予感はしていましたが、あまりにもタイムリーすぎて困ってしまいます。工期は1ヶ月以上延びるし、工事費の追加は避けられないでしょう。しかし、世の中では、今頃大騒ぎしていますが、これはおかしいと思う。

1975年に使用禁止にしたのであれば、それまでのアスベストは、政府が許可していたのだから、そのときに政府の負担で官民の建物全てを除去すべきだ。ほとんど公害として対応すべきである。どうして施主負担で撤去しないといけないのか?わからない。助成金ぐらい速やかに出すべきである。除去作業が1u当たり2万円以上かかるのはあんまりである。困りました。現場監理には防塵マスクと宇宙服が必要です。この件はまた追って連絡します。

2005-07-31
敬具
posted by inoue-ao at 00:00 | コラム
福岡県福岡市中央区の建築事務所。
建築、インテリアに関する企画・設計・監理。特にホテル・旅館等の宿泊施設、老人福祉施設の
企画から運営指導・開業までサポートできる一貫した体制があります。
また旅館改修工事、増築工事には多くの実績があり、きめ細かく対応していきます。